• 2種類の治療法

    パソコンと聴診器

    後縦靱帯骨化症は神経障害を引き起こしてしまう病気です。主な原因は明らかになっていませんが、肥満型の体質や糖尿病の患者が後縦靭帯骨化症になりやすいと言われています。

    Read more
  • 人工肛門の問題

    手袋をした医者

    直腸がんになってしまうと、手術で肛門を取り除く場合があります。肛門を取り除いた際には、人工肛門を取り付けます。人工肛門は日常生活においてはあまり問題がありませんが、外出先で不便を感じてしまいます。

    Read more
  • タイプに合わせた治療

    たくさんの医療器具

    悪性リンパ腫の治療は、病気のタイプによって異なりますが、副作用の少ない治療薬が大きな注目を集めています。今までの抗がん剤と比較しても、副作用が抑えられています。

    Read more

食道がんの症状や治療

薬

食道がんの内容等について

最近では後縦靱帯骨化症や食道がんなどの重い病に掛かる人が増加している傾向にあります。食道がんとは消化管に発生するがんの中で、食道という部分に発生するがんの事を言います。食道とは、下咽頭から胃にかけての28cm程度の長さの部分を言います。この食道の粘膜にがんが発生するのです。食道がんが発生する原因は明確にはなっていないです。ただ、アルコールとの関連は注目されています。それはアルコール代謝酵素の欠損に関する事です。人間の中には、生まれつきアルコールを受け付けない人がいます。つまり、アルコール代謝酵素を体内に持っていないのです。こうした人がアルコールの摂取を続けると、アルコールが大丈夫な人よりも、食道がんになる可能性が高くなるのです。その割合は、アルコールが大丈夫な人の何十倍にもなると言われています。

具体的な症状や治療方法等について

食道がんは、がんの種類の中でも自覚症状が出にくい事が知られています。ただ中には食べ物の飲み込みに違和感を感じて、病院を受診して食道がんが発見される場合があります。しかし、こうした嚥下障害が出始めた段階では、食道がんはかなり進行しています。食道がんを早期で発見するためには、細かな検査を受ける事が大切です。具体的には内視鏡検査等があります。食道がんの治療方法については、いくつかの種類があります。代表的な治療方法は、内視鏡による患部切除、放射線治療、化学療法等です。これらの種類のどの治療方法を行なうかは、がんの進行具合等で異なります。例えば、初期の粘膜がんの状態ならば、内視鏡による切除が行なわれる場合が多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加